引き寄せの法則を取り巻く否定はフォーカスの違いと勘違いで発生する

引き寄せの法則と聞くと

  • 引き寄せの法則なんてあるわけないじゃん
  • 引き寄せの法則ってまやかしでしょ
  • 引き寄せの法則ってなんか胡散臭いよね
  • 引き寄せの法則という言葉を使う人は痛々しい

などの、引き寄せの法則に関する、世間の否定的な意見を、たくさん見かけることができます。

しかし、どんなに否定的な意見があっても、引き寄せの法則というものは、実際に存在します。

引き寄せの法則で願いを叶えることができた人の特徴と、そうでなかった人の特徴については下記の記事で詳しく解説しています。

ただし、「楽に」「すぐに」「何もせず」「考えているだけで」願っているものを、引き寄せられるかと言ったら、残念ながらそれは無理です。

もし引き寄せの法則を、このような法則だと勘違いしているのだとしたら、それは否定的になるのも無理はありません。

この記事では

・引き寄せの法則は、何を起点として始まるのか
・引き寄せの法則を否定している人も、実はしっかり引き寄せの法則を使っている
・引き寄せの法則のコツ
・引き寄せの法則を否定している人は、何を勘違いしているのか

これらについて、映画『ザ・シークレット』に、賢人エイブラハムとして登場している、ジョー・ヴィターレ博士が提唱する、引き寄せの法則の秘密であるミッシング・シークレットに10年、自己啓発に20年従事している専門家が解説します。

こちらの内容に関しては、私達リアライズのYouTubeチャンネルでも聴く動画として上げています。

記事を読むよりも動画で聴いて学びたい方は、下部のリンクから動画を活用してみて下さい。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、現在の月間セールス日本一の記録も保有しています。

すべて正規に版権を取得しており、自社取扱いプログラムともなっている

  • ナポレオン・ヒル(成功哲学の祖。「思考は現実化する」など成功法則を体系化)
  • ジョセフ・マーフィー(潜在意識の法則)
  • マクスウェル・マルツ(サイコ-サイバネティクス理論)
  • ジグ・ジグラー(自己イメージ改造理論)
  • ブライアン・トレーシー(営業の神様)
  • デール・カーネギー(道は開ける・人を動かす)
  • ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則ブームのきっかけとなった、ザ・シークレットの賢人エイブラハム)

これらすべてのプログラムを所有、実践し、プログラムユーザーへレクチャーしています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成と、プログラムユーザーのフォローサポートも担当しています。

~主な取扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

引き寄せの法則は同調から始まる

ハートと右肩上がりの矢印

世の中の多くの人が、映画『ザ・シークレット』、または引き寄せの法則という考えには、多くの疑問や否定的な意見を持っている、とジョー・ヴィターレ博士は語っています。

そして、ヴィターレ博士は、こうも語っています。

あなたがこの引き寄せの法則を、きちんと理解したとき、実際に映画『ザ・シークレット』についての、信念を裏付ける、あらゆるものを引き寄せることができます。

引き寄せの法則を、否定することなく信じ、映画『ザ・シークレット』に興奮した。

そして、映画に出てくる24人の賢者の誰でも、楽しんで見られたのなら、映画『ザ・シークレット』に対する、熱意を裏付ける証拠を、実際に見つけ出せたはずなのです。

では、あなたは一体どうやって、その証拠を発見しているのでしょうか?

実はこの時、あなたはもう、実際に引き寄せの法則を利用して、その証拠を見つけ出しています。

なぜなら、あなたの内面が、この映画『ザ・シークレット』が扱っている、アイデアと同調しているからです。

それが科学的研究であれ、引き寄せの法則を利用している人のケース・スタディーであれ、あなたは、引き寄せの法則が働いている証拠を発見することでしょう。

なぜなら、あなたがその証拠を引き寄せているからです。

ここまでで学ぶこと

ヴィターレ博士は、引き寄せの法則とは、同調から始まると説いています。

これは、紛れもない真実です。

よく、類友の法則という言葉を耳にすることがありますよね。

あなたと同じような人が周囲に集まる、というものです。

これも、同調から始まるものです。

それでは続いて、あなたの考えに懐疑的な人も、しっかりと引き寄せの法則を使えているという真実について、見ていきましょう。

引き寄せの法則に懐疑的な人もしっかりと引き寄せの法則を活用している

ハッと気付く女性

同じことが、引き寄せの法則に否定的な、懐疑主義者の場合にも当てはまります。

例えば、懐疑主義者は「引き寄せの法則は、いつも働いているわけではない」と否定してくるかもしれません。

しかし、彼らはそのような否定を口にして、何をしたいのでしょうか?

彼らは、自分と同じように、自分の引き寄せの法則を否定する意見に、賛同してくれる人を見つけ、自分の否定している意見を、裏付けてくれそうな証拠を、探そうとする人を見つけようとします。

自分の否定的意見に同意してくれる、科学的、非科学的、疑似科学的研究を探しているのです。

つまり懐疑主義者も、知らない内に、引き寄せの法則を実行しているのです。

なぜなら、映画『ザ・シークレット』を否定する人間同士、自分の意見に賛同している人間同士を、無意識の信念によって、互いに引き寄せているのです。

懐疑主義者こそが、引き寄せの法則が働いていることを証明している、というのがジョー・ヴィターレ博士の意見です。

ここまでで学ぶこと

職場などでも、嫌いな人の陰口を叩く人たちは、自然と集まりますよね。

これも、立派な引き寄せの法則なのです。

続いて、引き寄せの法則のコツについて、詳しく聴いていきましょう。

引き寄せの法則のコツとポイントはクリアリング

鍵と鍵穴

映画『ザ・シークレット』のファンも、また同じように、引き寄せの法則を証明しています。

映画『ザ・シークレット』で、語られることのなかった、ミッシング・シークレットを利用し、無意識の層にまで掘り進み、実際に、自分が求めている結果を得ることを妨げている、マイナスの信念をクリアにしましょう。

ここまでで学ぶこと

ほとんどの人は、いきなり現状のまま、引き寄せの法則を真似して、使おうとします。

それによって、たまたまできた人もいますが、そのほとんどは「ずっと」使い続けることができません。

それはなぜかというと、使い続けるための準備ができていないからです。

続いて、無意識の層について、詳しく聴いていきましょう。

無意識の層へ辿り着くには

それでは、一体どうすれば、無意識の層に到達できるのでしょうか。

つまり、どのようにして「無意識」という暗黒の領域に入っていき、現在障害となっている、マイナスの信念を浮かび上がらせ、クリアにすれば良いのでしょうか?

ジョー・ヴィターレ博士は、全国講演者協会や、個人的なイベントで講演する際にも「無意識の動きを完全に封じ込めておくことはできない」と明言しています。

なぜなら、正しい質問を自分にすれば、無意識の扉は、簡単に開けることができるからです。

あなたは普段、潜在意識の中にあることを、意識的に考えてはいません。

しかし、次の質問をすると、あなたの無意識、潜在意識にあるデータは、急に表面へ顔を覗かせてきます。

適切な質問をすれば、役に立つ答えを、あなたは入手できるのです。

実際に、分かりやすい例を挙げてみましょう。

今、あなたの頭の中に0~9までの数字が、順不同に並んでいるイメージをして下さい。

しかし、この数字は全くでたらめなものではありません。

とはいえ、今この段階では、私が適切な質問をしなかったので、それを使って、私が何をしようとしているのか、あなたには分かりません。

ですから、数字もでたらめなもので、浮かんでいるでしょう。

それでは、その数字をクリアにする質問をします。

それは「あなたの携帯電話の番号は何か?」です。

あなたの顕在意識に、数字を思い浮かべても、この数字が並んでいなかったのは、潜在意識の中に隠れていたからです。

もちろん、この質問の場合は、答えが顕在意識のすぐ下にあるので、数字はすぐに思い浮かべて、並び替えることができます。

重要なのは、健康、富、幸福、悟りなど、望んでいるあらゆることから、あなたを妨げている否定的な物質、信念、否定性といった障害は、常にあなたの無意識の中に、共存しているということです。

先程のように、適切な質問をしてみることで、あなたはその障害の正体を突き止め、対処し、クリアにすることができます。

では、一体どのようにして、クリアにすれば良いのでしょうか。

引き寄せの法則の正しいやり方について知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。

私達は、特殊なテクニック、すなわちクリアリング・テクニックを利用することができる、とジョー・ヴィターレ博士は、ミッシング・シークレットの中で説いています。

このテクニックには、とてもびっくりさせられます。

なぜなら、マイナスの信念を取り除けば、引き寄せの法則が、実に簡単に働くからです。

ここまでで学ぶこと

このクリアリングを行わないと、継続して引き寄せの法則を使うことができず、たまに使える程度で終わってしまうのです。

先程の数字の実験でも、簡単なクリアリングを行ってあげるだけで、あなたの無意識への扉は開かれましたよね。

それでは続いて、引き寄せの法則の勘違いについて、詳しく聴いていきましょう。

引き寄せの法則を否定する人、上手くいかない人たちの勘違い

寝室で喧嘩する男女

ここで、解釈違いを起こして、誤った方向へ進まないように、重要なポイントを指摘しておきます。

引き寄せの法則を否定している、多くの人は「ザ・シークレットの映画は、行動することについて取り上げていない」と主張しています。

ところが、私が映画『ザ・シークレット』の中で『閃いた考えは、行動に移さなくてはいけない』と言っていることに、気づいていないようです、とジョー・ヴィターレ博士は語っています。

どう考えても、行動は必要です。

引き寄せの法則は、行動を起こすことが億劫な人が、頭の中で考えているだけで、願いが叶うようになる、といった夢のような話ではありません。

あなたが、ミッシング・シークレットを利用した後に取る行動と、あなたが今、取っている行動、つまりミッシング・シークレット利用後の行動と、現在のままの行動には、大きな違いがあります。

引き寄せの法則というものは、ただ願って待っていれば勝手に叶う、という都合の良い法則ではありません。

ですので、願っているだけで行動はしていない、というのであれば当然、引き寄せることはできません。

もしくは、誤った知識や、勘違いで「ただ願って待っていれば叶う!それが引き寄せの法則だよ!」と教えている人が、どこかにいるのかもしれません。

このような甘い罠には、必ずその先に危険なトラブルや金銭被害が存在することについては以下の記事で詳しく解説しています。

引き寄せの法則を用いて、実際に引き寄せができている人と、引き寄せの法則を使わずに、ただ行動に移して失敗してしまう人との違いは、その後の行動が、どれだけ楽しく取り組めるかという点にあります。

ここまでで学ぶこと

世間で「引き寄せの法則が全く使えない」と、否定しているような人たちは、これまでにヴィターレ博士が挙げたように、ただ願って待っている人たちなのです。

これでは、まるで「宝くじ当たらないかな~」と言っている、たくさんの人達と何も変わりませんよね。

引き寄せの法則というものは、願えば叶う魔法ではありません。

それでは続いて、実際に、引き寄せの法則を正しく活用している、ヴィターレ博士の周囲との会話について、詳しく聴いていきましょう。

ヴィターレ博士の周囲に起きていること

多くの人が、ジョー・ヴィターレ博士の仕事を見て

「ジョー、きみは30冊も本を書いてきたけど、一体どうやったらそんな芸当ができるんだい。夜きちんと眠っているのかい?」

と、疑問に思って質問してきます。

ジョー・ヴィターレ博士は、こう答えます。

もちろん、私は眠っています。

日中でも昼寝しているくらいです。

熱い湯に浸かっているときもあります。

緊張をほぐして、人生を楽しむ時間も見つけています。

私は、世間から仕事中毒で、驚くほど動き回っているはずだ、と思われがちですが、私の世界を、自分の目を通して見てみると、私は遊んでしかいません。

本を書くのは、私にとって苦もないことです。

私にとって、ほとんど努力はいりません。

言うまでもなく、私は行動しています。

でも、それは好きだからやっていることなのです。

私は行動を起こし、エネルギーを吐き出しています。

しかし、その行動を、ほとんど苦もなくやっていけるのは、私がその行動に同調しているからです。

私は、即座に行動することができます。

なぜなら、行動を妨げたり、すぐに取り掛かれなくするような反対意思は、私の内面には全くないからです。

もしかすると、あなたは溝を掘っていたり、家にペンキを塗っていたり、山に登ったりする人を見て、彼らを大変そうだと考えるかもしれません。

なぜなら、自分が同じことをやったとした場合、自分が抱くであろう感情を、相手に投影しているからです。

自分の天職でなかったり、情熱を持てなかったり、やるのに努力が必要なら、それは遊びではなく、労働のように感じてしまうでしょう。

しかし、心から情熱を持って、天職として働き始め、自分の心を全て捧げるのです。

すると、映画『ザ・シークレット』で語られることのなかった、引き寄せの法則の秘密である、ミッシング・シークレットが作用し、あなたの内部にある、様々な障害が消えていきます。

つまり、あなたは行動を起こさなくてはいけません。

しかもそれは、遊びのように、苦もなく喜んでできる行動です。

これが、引き寄せるための強大な力となります。

そして、これこそが引き寄せの法則を理解するために、引き寄せの法則を否定する、懐疑主義社の人達の中で、見失われていた要素なのです。

ここまでで学ぶこと

引き寄せの法則は、何もしなくても、望んでいる結果だけが、向こうから自然と寄ってきてくれるものではありません。

行動しないで、何かが手に入ることはありません。

なぜなら、宝くじですら、買わないことには当たらないのです。

行動しないで、望みのものを手に入れようというのは、宝くじを買ってもいないのに、1等が当たるのを待っているようなものです。

そして、ほとんどの人が、引き寄せの法則を勘違いして、自分の望んだ結果が手に入ったときだけ「引き寄せた!」と言っています。

これは、引き寄せの法則ではなく、ただの「たまたま」なのです。

引き寄せの法則は、正しく活用すれば、望んでいるものを手に入れることができる、とても有能な法則です。

万人共通の、数学の公式があっても、問題を解いた時に、正解者と不正解者が生まれるのは、公式を扱う人間側の問題だからです。

つまり、公式に非はありませんよね。

正しく引き寄せの法則を理解して、活用し、自分の人生で、望みのものを手に入れましょう。

まとめ
  • 引き寄せの法則は引き寄せたいものとの同調から始まる
  • 引き寄せるためにはクリアリングをしてマイナスの信念を取り除くこと
  • 本当に引き寄せたいなら待っているだけではなく、楽しく行動できなければいけない