引き寄せの法則がヤバいと言われる理由を二面性の両面から解説|ザシークレットで語られなかったエイブラハムの秘密

引き寄せの法則がヤバいというのは、肯定的な側面と否定的な側面の二つからの見方があります。

この二つの側面のどちらも参考にしてみると、なぜ自分が願いを引き寄せることが出来ないのかが、明確になってきます。

なぜなら、この二つの側面を研究していくことによって、引き寄せの法則というものの正しい理解を得ることができるのと、自分の改善点を見つけられるからです。

・引き寄せの法則ってヤバいの?
・引き寄せの法則を信じている人はヤバい

こうした疑問や想いをお持ちの人もたくさんいますので、この記事では

・引き寄せの法則はヤバい?
・引き寄せの法則がヤバいと言われる理由
・引き寄せの法則の本当にヤバい部分
・引き寄せの概念がない世界線は実はヤバい

これらについて、映画『ザ・シークレット』に、賢人エイブラハムとして登場している、ジョー・ヴィターレ博士が提唱する、引き寄せの法則の秘密であるミッシング・シークレットに10年、自己啓発に20年従事している専門家が解説します。

こちらの内容に関しては、私達リアライズのYouTubeチャンネルでも聴く動画として上げています。

記事を読むよりも動画で聴いて学びたい方は、下部のリンクから動画を活用してみて下さい。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、現在の月間セールス日本一の記録も保有しています。

すべて正規に版権を取得しており、自社取扱いプログラムともなっている

  • ナポレオン・ヒル(成功哲学の祖。「思考は現実化する」など成功法則を体系化)
  • ジョセフ・マーフィー(潜在意識の法則)
  • マクスウェル・マルツ(サイコ-サイバネティクス理論)
  • ジグ・ジグラー(自己イメージ改造理論)
  • ブライアン・トレーシー(営業の神様)
  • デール・カーネギー(道は開ける・人を動かす)
  • ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則ブームのきっかけとなった、ザ・シークレットの賢人エイブラハム)

これらすべてのプログラムを所有、実践し、プログラムユーザーへレクチャーしています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成と、プログラムユーザーのフォローサポートも担当しています。

~主な取扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

引き寄せの法則はヤバい?

「引き寄せの法則がヤバい」とされているのは、肯定的な側面と否定的な側面の二面性を持つ言葉です。

なぜなら「ヤバい、引き寄せの法則で本当に願いが叶った」でも「引き寄せの法則に関わっている人はヤバい」でも、どちらの意味でも通じてしまうからです。

これは私見ですが、引き寄せの法則に関して、祈りの内容だけで中身がない、つまり願って感謝しただけで叶ったとされるものに関しては、私も後者の肩を持ちます。

しかし、本来の引き寄せの法則でもある「心構えを変え、祈りに対して行動を起こしたことによって結果を掴み取った」ものであれば、前者の肩を持ちます。

つまり、引き寄せの法則に対して、過度な期待をしていたり、願望ではなく叶ったら良いなぁ程度の希望で、何とかしようとしている本人の心構えが一番ヤバいのです。

例えば「絶対に志望校に合格する」と決意した受験生が、願いを引き寄せるためには間違いなく勉強という行動が必要になります。

ところが、毎日「志望校に合格できたら良いなぁ」と考えているだけで、寝る間を惜しんで遊んでいるなら、不合格を約束されたヤバい人になってしまいますよね。

こうして、二極化して考えれば当然に見えますが、実際のところ引き寄せの法則がヤバいと否定的な意味で語る人は、意外ともっとチグハグなことをしているのです。

受験生で例えるなら、合格する意志を決めて、実際に志望校にも足を運び、写真を取って手帳に挟み、毎日志望校のパンフレットを見て、肝心な勉強をしないのです。

もし、私の主張が信じられないのであれば、世間にたくさん転がっている、引き寄せの法則に挑戦したけど、ダメだった人達の体験談に目を通してみて下さい。

こうした人達は、もれなく引き寄せの法則について勉強しているだけで、祈っているだけで、感謝だけして、ノートに書いただけで、写真を持っているだけです。

誰一人として、叶えたい願望に対して「どのような行動を起こした」という部分が完全に抜けているのです。なぜなら、何も行動を起こしていないからです。

これでは、引き寄せの法則ではありませんから叶うはずもないのです。先程の受験生の例で考えても、誰の目から見ても当然ですよね。

そして、こうした人達は必ず「引き寄せられなかった。全然ダメ。結局我に返って、目の前にある幸せを手に入れたから、現実見るのが大事」と口を揃えて言います。

しかし、引き寄せの法則を知っている人からすれば「引き寄せの法則で、本当に願っているものをきちんと掴み取っているじゃない」となるのです。

「本当」に、そして「願望」レベルまで昇華し、現実に達成できるのが分かれば、きちんと計画を立てて行動を起こし、努力して結果を掴み取るのが人間です。

現に引き寄せられない人達も「到底無理だ」と思えるような願望はその通りになり、何歳までには結婚して家庭を持って、と現実的な願望はきちんと叶えているのです。

私は、引き寄せの法則について「過度な期待をしている」と表現を柔らかくして伝えても、その意図を汲み取れない人には「甘い考えを持っている」と言葉を変えます。

再度受験生で例えるなら、合格する意志を決めて、実際に志望校にも足を運び、写真を取って手帳に挟み、毎日志望校のパンフレットを見て、毎日八時間勉強します。

これが、難関大学に挑む受験生たちの「平均勉強時間」です。受験生たちにおける行動とは、先ほども述べた通りで勉強がそれに当たりますよね。

要するに、引き寄せの法則がヤバいのではなく、難関な目標や願望に対して甘い考えで願うだけで、行動も中身もないからヤバい人に認定されてしまうのです。

それでは続いて、引き寄せの法則がヤバいと言われる理由について、肯定的な側面と否定的な側面の理由を解説していきます。

引き寄せの法則がヤバいと言われる理由

引き寄せの法則がヤバいと言われる理由は、肯定的な側面と否定的な側面の視点から見ていくと、その内容がより明らかになっていきます。

なぜなら、肯定的な側面からは引き寄せの法則を活用できた理由を見出すことができ、否定的な側面からは自分の改善点を知ることができるからです。

まずは、肯定的な側面から、引き寄せの法則がヤバいと言われる理由について見ていきましょう。

1,積極的心構えの構築

引き寄せの法則がヤバいと言われる、肯定的な側面の一つ目の理由は、積極的心構えの構築によるものです。

なぜなら、引き寄せの法則に取り組むにあたって、自分の心構えを構築して、心の内面に在るマイナスの信念を取り除くことで、否定的な感情から開放されるからです。

本来の引き寄せの法則では、自分の心の内面に在るマイナスの信念、すなわち反対意思というものを明らかにして、それをクリアにすることに取り組みます。

これによって、目標や願望に向かって前進するあなたを引き止めたり、減速させたり、諦めさせようとする意思が消えることで、楽しんで前進できるようになります。

引き寄せの法則を活用して、願いを叶えたいのであれば、きちんと心構えの構築から行うようにしましょう。

その結果、引き寄せの法則によって願いを叶えることができるため「引き寄せの法則はヤバい、本当だ!」となるのです。

2,達成計画の構築

引き寄せの法則がヤバいと言われる、肯定的な側面の二つ目の理由は、達成計画の構築によるものです。

なぜなら、引き寄せの法則を正しく進めていけば、願いを叶えるための行動が鮮明になり、自然とその行動計画を立てずにはいられなくなるからです。

例えば、あなたが海外旅行へ行くことになれば、その旅行の計画を何も立てないということはなく、どうせ行くならあれもしたい、これもしたいと計画を立てますよね。

本来の引き寄せの法則というものも、手招きして寝っ転がって待っているわけでも、また引き寄せの法則が汗を流して、あなたの変わりに頑張るわけでもありません。

海外旅行へ行くのがあなた自身であるからこそ、その計画を立てるのも楽しいのであって、引き寄せの法則によって願いを叶えるのもこれと同じなのです。

他人の海外旅行の計画を立てていても、心はワクワクしませんし、自分の生活に影響を与えるのは非常に難しいことです。

つまり、引き寄せの法則を活用して、願いを叶えるための計画を立てるのにワクワクできないのは、反対意思が邪魔をしているか、願いが他人事になっているのです。

引き寄せの法則を活用して願いを叶えたいなら、まずは反対意思をクリアにして、願いを自分事にして、計画を立てることにワクワクする自分へと変わりましょう。

今までなら、目標設定や達成計画と聞くだけでトラウマになっていたような人でも、引き寄せの法則によって楽しんで取り組めることから、ヤバいと思えるのです。

3,自己成就予言やトマスの公理

引き寄せの法則がヤバいと言われる、肯定的な側面の三つ目の理由は、自己成就予言やトマスの公理によるものです。

なぜなら、人間が本来持っている心理的な性質と、引き寄せの法則における取り組みには密接な関係があり、それが結果として現れることが広く知られているからです。

自己成就予言とは、自分が特定の想いを持って行動すると、その特定の想いがその後の行動や結果に大きく左右する心理状態のことを言います。

例えば「自分は女性と話すのが苦手だ」と思っていれば、いざ女性を目の前にすると本当に緊張して萎縮してしまい、話せなくなってしまうというものです。

これは心理学の用語ですので、心理学に精通している人であれば、多くの人がご存知でしょう。

また、トマスの公理とは、もし人がその状況をリアルであると捉えたなら、それは結果においてリアルである、という社会学における理論です。

これを分かりやすく解説すると、その人の状況の解釈がその先の言動を決定する、ということです。

引き寄せの法則単体だとヤバい法則と思われがちですが、実は心理学や社会学の視点から見ても、類似した考え方というものは定説として存在しているのです。

引き寄せの法則も、自分の願いを明らかにして、心の内面に在るマイナスの信念をクリアにして、目標をネビュライズすることで現実に落とし込み、計画を立てます。

こうして、ただの想像だった願望や願いを、現実のものへと変えていくことで、現実味を帯びて達成へ近づいていくので、引き寄せの法則はヤバいと言われるのです。

もし、あなたの望みがまだ現実味を帯びていないのであれば、引き寄せの法則を活用できる準備段階が終わっていませんので、心構えの構築から始めましょう。

それでは続いて、否定的な側面から、引き寄せの法則がヤバいと言われる理由について見ていきましょう。

1,科学的根拠の欠如

引き寄せの法則がヤバいと言われる、否定的な側面の一つ目の理由は、科学的根拠の欠如によるものです。

なぜなら、引き寄せの法則が個人の経験則や体験に基づいたものであり、それは個人によって異なることから、科学的な視点からは批判されることもあるからです。

しかし、これは他の記事でも解説していますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

2,過度な期待

引き寄せの法則がヤバいと言われる、否定的な側面の二つ目の理由は、過度な期待によるものです。

なぜなら、世の中の多くの人たちが引き寄せの法則について誤解をしており、願うだけで叶う、行動は必要ないといった都合の良い解釈をしているからです。

実際に、世の中に在る引き寄せの法則の体験談や、失敗エピソード、あるいはうまく行ったとされる人たちの具体的な内容を見てみれば明らかでしょう。

その多くは、引き寄せるための方法にばかりフォーカスしていて、先程も述べたように「実際にどのような行動を起こしたか」についての言及が一切ありません。

合格した受験生に何をしたか聞けば、八時間の勉強時間で苦手分野の克服をしたとか、参考書をひたすら解いたとか、時間の使い方などが答えとして返ってきます。

引き寄せに失敗した人たちは「引き寄せの法則について」何をしたかばかりで、願いに対しての行動部分もなければ、計画を立てることもしていないのです。

実際に、引き寄せられずにヤバいヤバいと言っている人たちは、引き寄せの本を読んだ、セミナーに行ったなどばかりで、引き寄せの勉強をしているだけなのです。

これでは、期待していれば叶う、願っていれば勝手に叶うと思われてしまいますので、引き寄せの法則がヤバいと言われてしまうのも、致し方ありません。

3,版権を持たない商業化

引き寄せの法則がヤバいと言われる、否定的な側面の三つ目の理由は、版権を持たない商業化によるものです。

なぜなら、引き寄せの法則について全く関係のない人や、昨日知ったばかりの素人であっても市場に参入できることから、信頼性に欠けているからです。

引き寄せの法則について、世の中では多くのセミナーや関連サービスが展開されていますが、そのほとんどは版権を持たずに勝手に販売しているものです。

これでは、市場が混乱して各自が独自の理論を展開できてしまうので、統制もされていないことから、引き寄せの法則はヤバいと言われてしまうのです。

それでは続いて、引き寄せの法則の本当にヤバい部分について、一つ一つ解説していきます。

引き寄せの法則の本当にヤバい部分

引き寄せの法則の本当にヤバい部分とは、あなたが「本当」に、そして「真剣」に考えていることは、必ず現実化するということです。

なぜなら、引き寄せの法則とは「あなたにとって都合の良い考え」が叶うのではなく、あなたが強く、長く、重く考えていることが現実になる法則だからです。

最初の部分でも述べたように、世の中の引き寄せられなかった人達も、最後には自分が現実的に考えることができていた願いを、きちんと叶えていました。

人間の心理というものは、簡単に揺れ動くものです。先ほど解説したように、自己成就予言やトマスの公理といった定説があることを知って、それで信じる人もいます。

あるいは、この引き寄せの法則の提唱者であるジョー・ヴィターレ博士は、ストリーミングTVで自分の番組を持っているのですが、これを聞いて信じる人もいます。

引き寄せの法則のヤバい部分とは、自分が信じる強弱、長短、軽重によって、自分の意志が容易に入れ替わることがあるということです。

実際に、世の中の引き寄せられなかった人たちも、以前は引き寄せの法則について良い意味でヤバいと思っていたはずですが、別の意味のヤバいに変わっています。

そのほとんどは、ご自身でも口にしたり書いている通りで「夢から現実に戻った」というのが真理であり、夢であればそれはいつまでも夢でしかないのです。

引き寄せの法則は夢を願望にし、願望を現実にすることもできる法則ですが、夢であれば夢のままにしておくこともできるのが、本当にヤバい部分なのです。

それでは続いて、引き寄せの概念がない世界線について、一つ一つ解説していきます。

引き寄せの概念がない世界線はかなりヤバい

引き寄せの概念がない世界線というのは、よく考えてみると、なかなか恐怖なヤバい世界であることを知ることができます。

なぜなら、望んでも叶うか分からない、自分の意志はその後の行動に影響しない、自分の心構えを変えても、何も変わらない世界ということになるからです。

もし、このような世界線が在ったとしたら、人は意志を持って何かを取り組むことができるのでしょうか?

きっと、このような世界線であれば、人は生きることに対して希望を持てず、前進することもなく、文明は衰退し、意志も捨てて、動物のように生きるしかありません。

人が考えて行動に移すことを辞めてしまえば、それこそ目の前にある幸せすら得ることができない、本当にヤバい世界になってしまいます。

もちろん、これは引き寄せの法則というものが、心構えを変えることで、自分の意志を持って楽しんで前進できる法則である、という前提条件の元です。

巷で誤解されている、願って待っていれば叶う、願いの方からあなたに近づいてくるといった、ヤバい引き寄せの法則ではありません。

つまり、本来の引き寄せの法則というものは、人間が人間として生きていく上で、誰もが自然と活用できている法則である、ということです。

人が生きていく範囲で、引き寄せの法則を活用できているのは、それを本人が「本当」に「真剣」に必要としているからです。

ですので、あなたの望みに対しても、引き寄せの法則を活用できるようになりたいのであれば、それを本人が「本当」に「真剣」に必要としましょう。

そうすれば望みに対しても、きちんと引き寄せの法則が働くようになります。